大学に社会人入試で入ってもう一度大学生活やり直したい | 日本一熱しやすく冷めやすい主婦のスタートダッシュだけを語るブログ
我思う故に我在り

大学に社会人入試で入ってもう一度大学生活やり直したい

これを読んでいるあなたは、どんな大学生活を送ってきたのだろうか。
私の大学生活を一言で表すと、「黒歴史」である。
ここでいきなり、見知らぬ私から黒歴史を暴露されても興味がわかないに違いない。
なので私の黒歴史ぶりはスルーするが、ひとまずもう一度大学生活を送り直したい。

大学生活で遊んでばかりの私が得たことや学んだことをふりかえると?

大学生になって4年間。
4年間という決して短くない時間で、私は中途半端だった。

そんな私は、何を学んで何を得たのだろうか。

 

何かはあるはずだ。

しかし、何かに打ち込んだことはない。

 

中途半端にいろいろとやったが、何も残っていないのではないかと思う。

 

真面目に勉強でも良い、真面目にサークルでも良い、真面目にアルバイトしてそのお金を趣味につっこむでも良い、ひとまず四年間、なにかに熱量を注ぎたかった。

 

中途半端は、一番後悔する。

 

適当に生きていると後悔する。

 

関わりがある人をないがしろにすると後悔する。

 

私は、後悔している。

大学生活をどう過ごすかは始めに決めておいたほうが良い

何となく推薦で入った大学で、何となく将来食うに困らなそうな学部を選んだことが間違いだったのか。

何となくあれもこれもとどれも中途半端に関わってきたのが間違いだったのか。

煩わしいことをばっさり切り捨ててしまったのが間違いだったのか。

 

いや、いまさら、間違った原因を突き詰めても無意味だろう。

 

もちろん、楽しいことだってたくさんあった。
間違ったからこそ気づけたことは大きかった。

 

ただ、時折、とてつもない虚無感が私を襲うのだ。

 

 

『お前は大学で何を学んできたんだ?』

 

 

あのときの私は幼かった。

今なら、どうだろうか。

今、四年間の大学生活をプレゼントされたら、何か残すことができるだろうか。

 

「私の大学生活は◯◯だった。」

この中に、健康的で爽やかでひたむきさをはらんだ、そんな言葉が入るのだろうか。

大学生活をもう一度やり直したい

何年もずっと、しこりのように残っている思いがある。
それは、「北海道大学に通いたい」だ。

 

北海道がとんでもなく大好きだ。
小学生のころ、一度行ったことがあるが、それ以来私の心を鷲掴みにしている。

 

なのになぜか、北海道に縁がないように思う。

 

例えば、高校の修学旅行が本来は北海道だったはずだが、飛行機嫌いの学年主任の鶴の一声で、福岡に変更された。

例えば、北海道大学を志望していたはずだが、担任の熱い勧めにより、福岡にある大学に変更された。

例えば、北海道出身の彼氏と結婚する予定だったが、紆余曲折あり、今の旦那は福岡出身だ。

 

あれ、私、北海道に縁がないというより、福岡に縁があるんじゃね??

 

なんということだ。

そういえば私、記憶にないが、産まれも福岡だったらしい。

 

なんということだ。

福岡で何かを成し遂げよということだろうか。

 

何ができるというのか。

あの、ヤクザと明太子とラーメンと夜の街に、私が貢献できることがあるというのか。

 

旦那に聞いてみたところ、
「福岡の偉人を手助けせよということだよ…そう、私とか」
と、やたらキメ顔で言われてしまった。

 

 

しかし、私は北海道へ行きたい。
北海道大学に通い、凍てつく水道管と戦い、クラーク博士と写真を撮り、ホッケをつまみにラーメンを食べたい。

 

そうだ、私は、とんこつラーメンの細いストレート麺より、縮れ麺が好きなのだ。

愛読書は、動物のお医者さんや銀の匙なのだ。

社会人がもう一度大学生になるには?

そんなわけで、北海道大学に通おうと思う。

北海道大学に社会人が入るには、まず、学部に入るか大学院に入るかを選ぶことからだ。

 

ちなみに私は、大学院のカリキュラムをちらりとのぞいてみたが、授業のタイトルすら意味ぱーぷーだったため、早々に諦めた。

念のため、大学院社会人入試の過去問を確認して、完全に見なかったことにした。

 

となると、あとは学部に一般入試またはAO入試しかない。
また、あのセンター試験を受けなければならないのか。

 

考えただけで辛たんである。

 

そもそも、今は子供も小さいし、夫は転勤族でないため、猛烈な反対にあうのはわかりきっている。

しかし、息子が高校を卒業したあとならば、そこまで反対される要素はあるまい。

 

そうだ。
息子の勉強にあわせて、私も勉強しよう。

 

なんという名案か。

お互いに勉強を教えあえて、息子も私も学習力が向上する。
一石二鳥じゃないか。

 

私が孔明だったのか。

 

そんな決意を胸に抱き、私は北海道牛乳を使ってクリームシチューを作っている。

大学に社会人入試で入ってもう一度大学生活やり直したい

実際、主婦でも、大学に通い直している人はいる。
殆どの場合、学びたいことがあったり、キャリアアップのためだろう。

 

私のように、「大学生活」を送りたいからという例はあまりないだろう。
もしやり直せるなら、今度は考古学を学びたい。

 

本当は高校生のときから興味があったのだが、食べていけないんじゃないかとおもって法学部に入ってしまった。
そのおかげで就職にこまることはなかったから、正しかったのかもしれない。

 

だけど今、こうして虚無感に襲われて、大学生活を後悔するくらいなら、やっておけばよかった。

 

そして、もし、本当に北海道大学へ通えるとしたら、子供が独立してからだろう。
ひとまず、子供が中学生になる前に、まずは夏休みに長期で北海道ですごし、そこで一般開講されている授業にいってみようと思う。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

応援していただき、ありがとうございますっ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


住まいランキング
人気ブログランキングへ

人気記事一覧
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
  最近の投稿