整理収納はなにからやればいいのかわからないという話 | 日本一熱しやすく冷めやすい主婦のスタートダッシュだけを語るブログ
整理収納

整理収納はなにからやればいいのかわからないという話

整理収納アドバイザーになるべく、ユーキャンのテキストを毎日読み込んでいるマル子である。
そこで今更ながら知ったことなんだけど、整理収納って手順が決まっているのに奥が深いよね。
整理収納にちょっとハマりつつある。

整理収納アドバイザーテキストの基礎理論を元にマル子の部屋の現状を見てみる

今まではざっくりと適当に整理収納してきたつもりなんだけど、そもそも私の場合は、収納以前に整理ができていないんだと思う。

整理と収納って一緒にしがちなんだけど、それぞれ別のものらしい。

 

整理というのは、不必要なものを取り除くことで、収納は定位置に配置すること。

 

だから、整理ができていなければ収納はできないみたい。

 

 

話は戻って、マル子の今の状態をユーキャンの整理収納アドバイザーのテキストに照らし合わせると、いわゆる「不必要なものと必要なものがごっちゃになってるステージ1の状態」である。

なんてこったい・・・

 

ゲームで例えると、ひのきの棒でできた箒のみを装備して、ボスのお城をなんとかしろと言われているようなものである。

途方にくれるぜ・・・

 

このステージというのは3段階ある。

 

  • ステージ1⇒不必要なものと必要なものがごっちゃごっちゃしている状態
  • ステージ2⇒不必要なものがとりのぞかれた状態
  • ステージ3⇒必要なものだけあり、使用頻度や仕様用法によってきちんと分類された状態

 

この中で、今の自分が整理収納ステージのどこに位置するかなぁってみたら、明らかにステージ1だと思う。
だって机の上とかごっちゃごっちゃしてるし。

 

ごっちゃごっちゃしているの基本事例にあがるくらいにはごっちゃごっちゃしている。

ほら!(自慢げ)

 

 

や?いつもはね?こうじゃないんだよ?ほんとだよ?

たまに・・・そう、たまにね・・・たまにマル子のデスク回りのみピンポイントで地震と雪崩が起きてしまうの・・・よよよ

ふぅ。

動揺しちまったぜ・・・

たまに綺麗に片付いたと思っても、すぐにごちゃごちゃしてしまうあたり、定位置が決まっていないのが問題なんだろう。

 

問題はそこだけではない気がするが、まぁそこは整理収納していくうえで、容赦なく露呈されていくだろう。

 

 

てか、あれだね。

こういうのって、「家族で共用PCだから」とか言うと、「あぁ、奥さんがきれい好きで、子供と旦那が散らかすことってよくあるよねーうんうん」ってなるんだけど、ざんねんながらこれは、マル子のみのスペースである。

 

 

や、ひとつ言い訳させてもらうとね??

息子が椅子の上にのぼりたがってね???

椅子の上にのせると机の上のものをいじりまわって、床に落としていくからそれを上にあげたりとかの攻防戦がね・・・?

 

って弁解になっていない弁解はやめよう。

 

あ、隣の夫のスペースも似たようなものである。

写真のっけようとしたけど、さすがに悪いからやめた。

 

夫に恥ずかしさをなすりつけるのもやめよう。

 

シンプルライフを送れているミニマリストになるにはどうしたらよいか

マル子の場合は、不必要なものって、「いらない」という明確な状態のものに限らず、「いつか使う機会があるかも」「使おうと思えば使える」という状態のものもあるから、ついついもったいない精神が働いてしまって取り除けなくなっちゃう。

 

この「不必要なものを取り除けない原因」とか「物が増える生活習慣」っていうのは人によってさまざまで、いろんなパターンがあるんだけど、マル子の場合は「使えるのにもったいない・・・」と思ってしまうのが敗因だと思う。

 

その点、シンプルライフをできている人なんて潔い。
必要なものだけしか所有しないから、例えば今のマル子のように「いつか第2子を産みたいから、息子の服をとっておく」なんて決してしない。(らしい)

 

あと、「これ、使わないんだけどせっかく出産祝いでもらったものだし・・・」とかのしがらみもうまく折り合いをつけているんだろう。(たぶん)

 

他にも「この服、授乳が終わったら着たい・・・」とか、「この毛糸、子供が幼稚園に入って時間ができたら編み物したいからとっておきたい・・・」とかの「いつかやるかもシリーズ」もないんだと思う。(おそらく)

 

シンプルライフをおくれていないから、全部ユーキャンの整理収納アドバイザーのテキストからの伝聞と想像でお伝えしています。

 

ユーキャンのテキストにも、「編み棒さえとっておけばいい。毛糸は古くなると弱くなるし、編みたいときに本もまた新しく探すだろうから」みたいに書いてあって、「たしかにー!!そうなんだけど・・・もったいなすび・・・」って感じなんだよね。

 

だから、逆にいえば、「不必要なもの」に対して、「思い入れが・・・」「もったいない・・・」というこだわりを捨てられる人がシンプルライフを実現できるんだろう。

 

そういえば、「映画「365日のシンプルライフ」を見た感想と実践していきたいこと」でも書いたけど、この映画の主人公も、思い入れとか全く関係なく、パンツすらすべて倉庫にいれていたし・・・

 

整理収納ができている理想の状態は2種類あるって知ってた?

整理収納の理想の状態って二種類あって、1つ目はさっき書いた「必要なものが厳選されたシンプルライフを送れるミニマリストバージョン」なんだけど、

もうひとつは「整理収入の高い手腕とスペースが必要なんだけど、たくさんのモノが適切に配置されて管理されているバージョン」

 

マル子はたぶん、もったいない精神が捨てきれないから、この2つ目の方が向いているんだと思う。

 

または、子供は一人だけに決めるとか、大きくなって巣立っていって夫と二人きりになったらシンプルライフバージョンに移動するのかな?

 

で、ここまでが前座ね。
整理収納の一般的?知識。

なんでこんな話をブログに書いているのかというと・・・

 

 

机の上が汚いので綺麗でおしゃれで仕事しやすい状態にしたいのです

ここからが本題だ。
なんでいきなりこんなことを書いているかというと、机 が 汚 く て ブ ロ グ が 書 き づ ら い か ら。

 

 

机の上をなんとかしたいがために、他の人のきちんとした机の写真がのっているような整理収納ブログを読んでいる。

最近は整理収納の動画とかアプリとかもあるんだね。

あと、インスタで整理収納ビフォーアフターを公開していたりとかね。

 

だけどさ、他の人のブログとか読んだところで、その人とマル子じゃ生活習慣とかライフスタイルとか全然違ってくるから、丸パクリしたところで絶対に綺麗な状態をキープできなくなる。

 

 

というわけで、本腰を入れて整理収納の勉強をしようと決意している。
今は、マル子の机周りの収納が足りているのかいないのかもわからない状態。

 

整理収納って、どこから手を付けりゃいいんだろ?
たすけてあんぱんまーん!

や、せっかく整理収納アドバイザーの勉強しているんだから、テキストを開こう。
あんぱんまんの助けを待つより現実的だし堅実的だ。間違いない。

 

テキストと一緒についてきたこれ、「整理収納成功事例集」。
持っている人は58ページから60ページを見てほしい。

 

そう、そこには「書斎実例集」が乗っているのだァァァァァァ!!!

これをもとに、机周りを整理収納して、この実例ビフォーアフター画像をブログにのせようと思う。一週間以内には・・・

 

せっかく整理収納アドバイザーになろうとしているのだから、この整理収納ノウハウである8つのステップや5つの鉄則にのっとって、基本に忠実にやっていこうと思う。

机周りって、いざ整理収納しようとすると、本やプリントや引き出しやペンケースとか、細かいところ多いし使用頻度が高いところが多いし、やりがいあるよね。

 

整理収納が苦手なマル子だからこそ、きっと参考になるブログ記事になるはず。

きっと。

 

おそらく。

 

 

たぶん。。。。。

 

 

 

ばいちゃ!

 

整理収納に興味がある方はこちらの記事も人気です。

整理収納アドバイザーの1級をとるまでの過程を公開!

 

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

応援していただき、ありがとうございますっ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


住まいランキング
人気ブログランキングへ

人気記事一覧
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
  最近の投稿