マスターカットMM41が届いたので画像付きで紹介します! | 日本一熱しやすく冷めやすい主婦のスタートダッシュだけを語るブログ
料理

マスターカットMM41が届いたので画像付きで紹介します!

フードプロセッサーが欲しいと思いたち、フードプロセッサーで頭の中をいっぱいにした結果、無事にGETすることができました。
1000円のチョコレートが1万強のフードプロセッサー(しかもスライサーセット付き!)なんて、バレンタインって素晴らしいですね。
ヴァレンティーノさんと義父に最大の感謝を捧げているマル子です。ごきげんよう。

 

ちなみにこの記事は涙無しでは見られないので、悲しい話がいやな人は閲覧注意です。

 

マスターカットMM41が我が家にやってきたよ!

さて、待ちに待ったフードプロセッサー、その名もマスターカットMM41(そのままやんけ)が届きました!!
スライサーキットも一緒です♡

さぁ、使い倒すぞ~!

 

と、わくわくしたのもつかの間でした。
キッチンを見渡しながら、マル子はとあることに気づきました。

なんてこった・・・フードプロセッサー(略してフー子ちゃん)を置くスペースがない・・・!!!!

そうなんです。
フー子ちゃんは確かに小柄な子ではありますが、据え置きタイプですので置く場所は重要。

今後のフー子ちゃんの活躍頻度にも影響するであろうこと間違いないです。

 

そんなわけで、しばらくフー子ちゃんには待っていてもらうことにしました。

フー子ちゃんがもし喋ったら、「女性を待たせるなんて・・・信じられない!サイテー!!!」とかマル子をなじっているかもしれません。

 

 

フー子ちゃんが来た1日目。

「早くここから出しなさいよ!!べ、別に寂しいわけじゃないんだからねっ!」

 

 

フー子ちゃんが来た2日目。

「ちょっとあなた、いつまで待たせるの?!ズボラにもほどがあるわよ?!」

 

 

フー子ちゃんが来た3日目。

「あなたが私を呼んだんでしょ!?責任とってよね!!きー!!」

 

 

聡明な読者の方は、お気づきになられたかもしれません。

そう、フー子ちゃんは、微動だにせずにマル子を待ち続けていたのです・・・・!!

 

勝ち気で生意気なタイプかと思いきや、実は忍耐力も兼ね備えている素敵な女性です。

 

逆にマル子を見る夫の目が胡乱げになってきている気がします。
「あれ?あんなに欲しがってたのに、開けてもないの?」とでも言っているかのようです。

 

 

しかしマル子は、まだフー子ちゃんを置くスペースが確保できず・・・・

 

 

フー子ちゃんが来た4日目。


「もう・・・出して・・・ここから出してぇぇぇ!!」

 

フー子ちゃんが来た5日目。

「しくしくしくしくしく。」

 

心なしか、フー子ちゃんがしょんぼりしてきたように感じます。

 

ごめんよフー子ちゃん・・・!!今週は特に忙しくて、手を出せないんだ・・・!!

フー子ちゃんを見つめるマル子の目も濡れてきます。

 

が、まだまだ。
フー子ちゃんが来た6日目。

「・・・・・」(あきらめた顔)

 

ところで、いったいいつまで続くのでしょう。この攻防戦という名の茶番。
私は一枚の写真でどこまで記事を引っ張るのでしょうかね。

 

開けてあげてぇ~!!とまわりから懇願の声が聞こえてきそうです。

 

 

山本電気のフードプロセッサーMM41を開けてみたので写真付きで紹介!

さて、ようやくこの日がやってきました!
世間の休日、土曜日!!

 

土曜日であれば、地球に舞い降りた天使と名高い1歳の息子もパパに預けることができます。
マル子は安心してフー子ちゃんにかかりっきりになることができるでしょう。

 

ようやくフー子ちゃんも日の目を見ることができそうです。

フー子ちゃんが来た7日目。

え、本当に出してもらえるの?ともはや半信半疑の顔つきです。

 

 

気にせず開封。


きっとフー子ちゃんも感極まっていることでしょう。

 

 

中を全部とりだしてみるとこんな感じ。

 

マスターカットMM41の大きさをばかうけで比較してみた。

 

わかりづらいけど、高さはばかうけ2個分くらい。

山本電気のスライサーキットSS17Cが届いたので画像付きで紹介!

一方、おとなしく待ち続けていたスライサーキットは、こんな感じ。

 

 

SS17Cの中身を取り出すとこんな感じ。相変わらずばかうけで比較してみる。
大きさの基準はばかうけである。

スライサーキットの野菜をいれるところはこんな感じ。

野菜投入口が小さいので、けっこう最初から切らないとだめみたいです。
またまたばかうけと比較してみましょう。

やはり小さいですね。

 

 

きっとマル子は、野菜投入口を使わずに野菜をまるごといれてみる未来がくるんじゃないでしょうか。
預言者ではないですが、その未来が見える気がします。。。

 

 

さて、この健気なフードプロセッサーのフー子ちゃんをキッチンに置きましょう。
心なしかフー子ちゃんも嬉しそうです。

ところがここで、違和感が・・・

あれ?フー子ちゃん、白くね?

 

そうなんです。「山本電気のフードプロセッサー「あじのさと」「MM41」「MM56」の違いを問い合わせてみた」にも書きましたが、マル子が注文したのは赤色だったはず・・・!!

 

 

ケーズ電気に問い合わせたところ「お取替えしますね~」ともなんとも軽いお返事。

すまぬ、フー子ちゃん、ここまで待たせて悪いが、君にはお帰りいただくことになった・・・

がーん。


ショックを受けているようにも見えてきます。

 

しかし、マル子もこの惨状に途方にくれています。
スライサーキットとフードプロセッサーが混じって大混乱の惨状。

え、これ、梱包しなおすの、大変じゃね・・・?

 

仕方ない、フー子ちゃんを悲しませた罰として、甘んじて受けよう。

ごめんねフー子ちゃん。

 

おしまい。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

応援していただき、ありがとうございますっ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


住まいランキング
人気ブログランキングへ

人気記事一覧
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
整理収納アドバイザーの一級をめざす話
  最近の投稿